トップ >> 葬儀前に考えるマナー

葬儀とその考え方情報

葬儀へ参加する際のマナー

社会人になると、学生の間よりも葬儀への出席回数が必然と増えてきます。これは、会社や周囲での人間関係の拡大とともに、年齢的な面でも増加する要因を含んでいる為です。しかしながら、現在の葬儀へ参加する際の服装のマナーは乱れていると言えます。例えば、黒のスーツを着ていてもインナーとなるシャツが白ではない事、クールビスと勘違いしてネクタイを締めない等です。これらは、明らかな見た目でわかりますが、本当に注意するべき事は足元です。黒の靴下、黒のストッキングは当然ですが、女性ならヒールは本来は失礼にあたります。ヒールは正

葬儀は故人との最後のお別れ

生きていれば必ず立ち会うことのある、誰かとの永遠のお別れ。亡くなった人との最後のお別れの儀式が葬儀です。葬儀は喪主が主催する儀式で、故人が生前つきあいのあった人達に見送られるもので、参列者は遺族にお悔やみの言葉を述べたり、別の参列者と故人の思い出話をしたりして偲ぶことが多いでしょう。突然の事故や病気などこころの準備ができていない場合はとてもつらいものですが、寿命をまっとうした人とのお別れは、お疲れ様でした、とか、お世話になりましたなど、葬儀は感謝の心持ちがもてるお別れの儀式です。