トップ >> 葬儀の在り方を考える

葬儀とその考え方情報

葬儀の際の服装で遺族の場合とは

昔は、葬儀の際には、遺族や親戚側の喪家は、正式な礼装で執り行うことが一般的でした。しかし、最近では、男性の場合は、ネクタイの色を変えるだけで慶事や弔事に対応できる略礼服を着用して、お通夜から告別式まで行うことが一般化しています。略礼服は「ブラックスーツ」と呼ばれているもので、一見普通のスーツと変わらないように見えますが、ビジネスシーンなどで着用する黒のスーツは、少し薄い色で「ダークスーツ」と呼ばれているものです。

大阪で霊園を探す時の注意点。

四十九日法要を終えて、一周忌、三回忌の時期になるとそろそろ用意しなければと気になるのがお墓のことです。大阪で霊園を探す場合、市が運営している墓地は宗派など問わない場合が多いので気にすることはありません。しかし、各お寺などでも墓地管理を行っている場合は宗旨や宗派など決まっていることもあります。大阪市も各宗派様々なお寺がありますので、近いからという理由で霊園を即決せずに、本当に自分の宗派と合っているか確認してから決めた方が良いでしょう。