トップ >> 最近の葬儀の費用と内容

葬儀とその考え方情報

心を落ち着けて進める葬儀の手順

地方によってさまざまな慣習がありますが、葬儀は故人が亡くなった瞬間から始まります。お通夜に駆けつけてくれる弔問客の礼拝のための枕飾りを整え、納棺や詳しい打ち合わせをします。通夜、告別式、出棺・火葬・骨上げ還骨法要後の後、お寺様へのお礼や諸手続きなど、やらなければならないことはたくさんあります。しずかに悲しみたい時ではありますが、しっかりとした気持ちで進めましょう。最近では家族だけですませる「家族葬」を利用する人も多いようです。故人の希望が遺されている場合は、希望にそって進めるとよいでしょう。

葬儀とは亡くなった方を弔う儀式

葬儀とは亡くなった方を弔い、その方に別れを告げる儀式のことで、人は生まれてくると成人式や結婚式など様々な儀式を行いますが、人生の最後に行われる儀式でもあります。前夜にはお通夜があり、告別式には参加できない方や亡くなった方と親しかった方などが最後の挨拶をする場です。葬儀と告別式は同時に行われることが多く、これらは亡くなられた方を成仏させるための儀式と、その方とのお別れを行うための儀式です。近年では遺族や親族、親しい人だけで行う密葬や家族や親族などの限られた小数で行われる家族葬などが行われることもあります。